橋本將詞社会保険労務士事務所について

橋本將詞社会保険労務士事務所は、平成13年3月に、京都市南区上鳥羽で集荷業を営んでいる集荷人が開業した社会保険労務士事務所です。大学卒業後、地元生産者らの声を聞き、市場の仕組みを学びながら、社労士資格を取得しました。その後、地元の京野菜を守ろうとネット販売や卸売業を行いつつ、農業の現場と人材不足、さらに農作業中の事故の現状に触れ、農業に特化した社労士事務所として、現在にいたります。

17930_398286780245841_594406485_n.jpg
95258232_3636968596377627_10674928012031
303475_278017648939422_1479907036_n.jpg
120611056_4343595989048214_2078268180295
131612307_4689186544489155_3615084640364

お客様へのスタンス

​​永くお付き合いいただくために、顧問契約をお願いしております。

弊所は、基本的にスポットでのご依頼はお受けしておりません。(研修会講師や府県で登録いただいている専門家、6次産業化プランナーなどの派遣をのぞく)
労務に関する課題は、スポットで解決することはほとんどありません。顧問契約 により、まずは雇用に関する漠然とした不安をとりのぞいてください。皆様が目指される農畜産業の姿を、人事制度に落とし込むお手伝いをさせていただくために、継続的なお力になりたいと考えております。
ですので、スポットで助成金申請などというご依頼はお受けしません。もちろん、課題解決の中で利用できるものがあればご提案させていただきます。

詳細はこちら