top of page
検索
  • 執筆者の写真將詞 橋本

農業の働き方とGAP


平成30年8月  全国農業新聞寄稿記事(改)


 コロナ前、今から5年前の平成30年7月、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が成立しました。農業においては、あまり関連がないと思われている方も多いかもわかりません。

 しかし、働き方改革はそもそも、様々な生活環境の中で、労働者がより働きやすい環境を企業側が整備し、生産性をあげようというもので、農業だから関係のないことではまったくありません。いやいや、これから労働力を確保しなければいけない農業こそ、必要な改革であり、考え方です。


 しかもその内容については、働き方改革のほんの一部である高度プロフェッショナル制度の報道がばかりで、その目的含めた詳細な報道はほとんどされてきませんでした。農業経営者の中には、「労働時間のことなので、関係ない」と考えられている方も多いのではないでしょうか。しかし、それは大きな間違いです。働き方改革もすでに開始しており、その中身について詳細に解説はしませんが、農業界にとってみても労務管理の分野において、大きな転換期に差し掛かっています。現に、そのような声は多くの農業経営者から聞いています。


 現在、あらゆる業界で人不足が叫ばれています。数年前まで、募集をかければ数人集まるといった状況だったのが、今はまったく人が集まらないということもあります。これは農業に限ったことではありません。平成30年のときの記事ですが、今もその波の中にいることは間違いないかと存じます。そしていまも、大きな企業は、資本に任せて多様なニーズにあわせた働き方をどんどんと打ち出しています。そんな中、農業は雇用についてどのような取り組みを実行しているでしょう。



 もちろん、いち早くそれに気づいた先進的な農業経営者は、休日を他産業並みに近づけるための努力や地域活動休暇の導入など様々な取り組みに着手はしています。その一方で、こんな相談を受けることもあります。「農業に有給休暇は必要なのですか?農業にはなじまない気がします。」と。実は、今回の働き方改革の中に、有給休暇に関する項目があります。それには「使用者は、10日以上の有給休暇が付与される労働者に対し、5日については、毎年時季を指定して与えなければならない。」と。もちろん、有給休暇は、農業であっても適用除外ではありません。他の産業は、働き方改革成立より前から、労働力を確保するため、多様な働き方を提案していることは先に述べました。労働力を確保しなければならないことは農業においても同じです。


 確かに「農業」という職業に憧れて就農される方もたくさんおられます。ですが、そんな方は多くの求職者の中では、ほんの一握りです。これからは、職業として農業を選ぶ方も労働力として積極的に受け入れる必要があります。他産業が求人の土俵で多様な働き方を提案すれば、農業も同じ土俵で募集をしなければならないことは忘れてはいけません。


 例えば、先ほどの有給休暇ですが、農業こそ、有給休暇がとりやすいのではないでしょうか。農業には農閑期があります。その時季に思いっきり有給休暇をとってもらってはいかがでしょうか。考え方の転換が必要です。農業こそ、多様な働き方が提案できる産業であると私は考えます。これからは、農業経営者から、農業独自の多様なライフスタイルを提案することで、農業の魅力を労働者に対しても発信してもらいたいものです。


 ただ、そうなると、今以上に労働力を効率よく使うという管理機能をしっかりと整備する必要があります。そこで、今話題のGAP的生産工程管理が必要となるのです。生産工程管理は、単なるリスク管理だけではなく、法人内の組織をしっかりと作ることに意味があります。管理する部門毎に責任者を設け、その責任者に権限と職責を付与する。そうすることで、責任感が芽生え、人は必死に仕事を憶えようとし、成長します。これまで、経営者に集中させてきた判断機能を分散させるのです。さらに、あらゆる工程を見える化することで、作業の効率をあげ、無駄を省くことにつなげます。働き方改革とGAP、今、農業における労務管理は大きな転換期を迎えており、しっかりと組織固めと労働環境を整えることで、腰の強い経営をすることができるものと考えます。



 GAPは、認証取得するためのものではありません。事業にその管理方式を取り入れて、効率よく動く組織にするためのもので、そのキッカケです。また、結果としてその手法によって対外的にも安全・安心を確保できるというものです。


 SDGSへの取り組みが当然のようになってきており、農業においてもGAPへの熱がまた復活してくるものと思っています。




 

久しぶりに行きました。


「味の名門」


小学生の頃、葛野大路九条の交差点にあったラーメン屋さん。実は、その近くには全国的に有名な「横綱」の本店もありました。


そのときは、大根のカクテキが食べ放題だったのが衝撃的でした。。


昔すぎて味はまったく憶えてなかったですが、王道の鶏白湯。


美味しかったっす。






閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page